エリック ウィデマイヤー

International Marketing Plus シニア・パートナー
株式会社 タクタス アソシエイツ CEO

マーケティングを戦略的に考えると、最終的にはブランドをいかに管理するか、ということに尽きます。なぜなら、企業が消費者と有意義かつ持続的で、利益を上げるリレーションを築く最も確実な方法だからです。経験上、ブランドを成長させ成功に導く喜びに代わるものはありません。

エリック ウィデマイヤー

Experience

1984年、クリエイティブ・ディレクターとしてコーブ・イトウ広告社に入社。1988年にアメリカでマーケティング・コンサルティング事業を立ち上げた後、1990年、コーブ・イトウ広告社に戦略マーケティング部副社長として復職。

2002年には、コーブ・イトウ広告社のインターネット・マーケティング事業、及びオンライン事業を率いるコーブ・イトウ・インタラクティブの最高責任者を兼任。

現在、Tactus Associates社というブランド戦略やマーケティング・リサーチ/コミュニケーションのサービスを日本及び海外の顧客に提供する会社のCEOとして活躍中。

戦略的なブランド構築、及びブランド管理業務に20年以上の経験を持つ。オージービーフ、カナダ(在カナダ日本国大使館)、AIUなど、ブランドの新たな立ち上げを統括するとともに、BMW、ロールスロイス、ランドローバー、MINI、レッドブル、ノルディカ、ミシュラン、デロンギ、レミーマルタンなど、国際的なリーディング・ブランドの長期的なブランド構築、及びコミュニケーション・プログラム開発の責任者としても活躍。

2009年より、インターナショナル・マーケティング・プラスに参加。

Experience: エリック ウィデマイヤー